2010年06月19日

竜馬自筆の手紙見つかる=後藤象二郎あて下書き―大政奉還諮問の日付・高知(時事通信)

 大政奉還建白書をめぐって、坂本竜馬が土佐藩の家老後藤象二郎を激励するため慶応3年(1867年)に送った有名な手紙の下書きが、15日までに高知県の民家で見つかった。実際に後藤に送った手紙の写真は知られているが、自筆の下書きが見つかったのは初めて。
 書き損じたため下書きとして残ったとみられ、高知県立坂本竜馬記念館の前田由紀枝学芸主任は「大政奉還という大事を前にした竜馬の心の揺れが読み取れる、非常に面白い史料」と話している。
 手紙は、将軍徳川慶喜が大政奉還を各藩に諮問した1867年10月13日付で、縦約20センチ、横72センチ。決死の覚悟で登城した後藤を激励し、「後藤の下城がないときは、将軍が参内する道路で海援隊と待ち受け、不倶戴天の敵を討ち取る。地下で面会しよう」などと過激な内容が書かれている。
 実際に出した手紙と内容に大きな違いはないが、下書きでは結句が「謹言」(実際の手紙では「誠恐誠懼」)、署名が「坂本直柔」(「竜馬」)と違っているほか、「後藤先生」を「後藤生生」と書き間違えて余白に「先」と書き直している。また最後の部分には、「参政(後藤)登城の時、つかはしたる草案にて候」との説明が書かれた別の紙が張り付けてあった。
 手紙は、同県いの町の無職南道さん(86)宅で見つかった。南さんの祖父が知人から譲り受けたという。南さんは同記念館に寄託する考えで、7月17日から開かれる企画展で展示される。 

【関連ニュース】
〔写真特集〕日本と世界の“古文書”
武市半平太あて書状を公開=各藩志士の連携説く−竜馬が届ける・高知
〔特集〕長崎・壱岐の旅
【動画】「土佐・龍馬であい博」PRキャラバン隊が時事通信を来訪
【動画】長崎観光をPR=金子知事ら時事通信を訪問

ダブル選で牽制、論戦から「逃げ管」 小沢氏もびっくりの選挙至上主義(産経新聞)
菅首相 就任後初の街頭演説 新宿駅前(毎日新聞)
隣席は組長の妻?知るわけない、とサッチー提訴(読売新聞)
<参院代表質問>菅首相、在任中は靖国神社参拝せず(毎日新聞)
米軍ゴルフボール飛び出し、防衛相に対策要請(読売新聞)
posted by センバ ヨシヒサ at 02:36| Comment(18) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。